注文住宅の予算はどれぐらい必要?

注文住宅の費用は細かい部分で大きく変わってきます。今回はそんな複雑な注文住宅の予算について説明している動画をご紹介、特に大事な部分をまとめました。

外壁
・本体工事
坪単価でお金が変わるというお話を良く聞くと思います。坪単価というのはそれぞれの会社が「この装備を付けてこれくらいの価格にしよう」という考えで設定されています。
そのため、よく広告で見られる「激安!」と坪単価を謳っている会社に惑わされてしまって、思った通りの家が建てられなかったという話もあります。安ければ良い家が建てられる訳ではないので、そういった激安を掲げている坪単価も、あくまで目安として考えることが非常に大切です。
坪単価は購入する方のことを考えた内容が込まれているため、購入するときは価格の中にどんな内容が組み込まれているのかを聞くといいでしょう。

・付帯工事
さらに坪単価の他に解体、下水、外構などの付帯工事がかかります。本体工事、付帯工事を合わせて初めて住宅になります。

・諸費用
上記二つに消費税、さらに市役所への申請費用、設計料、保険料、登記料などの諸費用も必要となります。

・雑費
地鎮祭や家具・家電の購入などは雑費として考えられます。

・土地資金
土地の購入も考えている場合は土地資金もかかってきます。この土地資金にも各種手続きの諸費用がかかります。

ここまでの費用全てが合わさった金額が注文住宅の予算として考えられます。ここまでかかる費用を考えた上で、自分たちの用意出来る予算やどれだけ借り入れが出来るかを割り出していくことが重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る